圧力IHナベ

先日圧力IHナベ、象印、ELMA30型を購入しました。

これは、直火ではなく、電源コードにより使用する電気圧力ナベです。

機能は、圧力調理と温度調理と自動調理の3つがあります。

まず、圧力調理は一定圧力メニュー、可変圧力メニューがあり、一定圧力メニューは、1.2気圧の圧力をかけるメニュー。食材を柔らかくするのがおススメ。

可変圧力メニューは1.2気圧から1気圧まで加圧と減圧を繰り返します。減圧することで煮汁が対流して食材の上から煮汁をかけることによって味を浸みこめます。

温度調理は、40度から100度まで10度刻みで温度調節ができます。調理中に圧力はかかりません。

最後に自動調理は、白米メニュー、玄米メニュー、オコワメニュー、パン発酵メニュー、パン焼きメニュー(丸パン、ごはんパン、フォッカチオ)、麺メニュー

(麺を茹でる)があります。

基本的に調理の仕方は鍋に食材を入れて本体にセットします、

今まで作ったのは、豚の角煮です。

豚バラ肉を3センちに切って、長ネギ、生姜、酒、水、みりん、砂糖、醤油を入れて本体にセットします。次に可変圧力メニューを選び1時間10分に設定、スタートキーを押しておしまいです。

実際には、圧力がかかるまで時間がかかるので1時間10分以上時間はかかりますが、それだけで出来上がりです。トロトロに柔らかい豚の角煮が完成です。

とても便利で以外と簡単にできたのが、白味噌です。まず大豆と水を入れて、温度調理、50度で3時間。その後圧力調理で一定圧力で1時間。豆はペースト状になるまで潰し、茹で汁300cc、麹、塩を入れてよく混ぜます。それから、温度調理70度で13時間に設定しスタートキーを押せば、白味噌の完成です。半年かかる味噌作りがなんと1日で完成です。

味噌汁に使ってます、豆が少し残ってて手作りふうでうまいですよ。

温度調理で、チャーシューも作れます。

ビニール袋にチャーシューと醤油、ニンニク、酒を入れてよくしばり、温度70度で8時間調理、油がトロトロのチャーシューが完成です。

基本的に食材を切って調味料入れてスタートボタン押すだけなのど、超簡単です。

お手入れは、毎回、中蓋の清掃が必要なのが面倒ですかね。中蓋は3つに分かれていて、調理のたびに洗う必要があります。

お値段は、定価54000円ですが、ヤフーショッピングで20000円くらいで購入しました。

これから、自動調理メニューを試してみようかと思います。

 

追加で作ったメニュー

ビニール袋に入れた鶏胸肉に塩、酒を振り、よくもみこんで、温度調理、60度で6時間。胸肉が柔らかくシットリと出来上がりました!