東京オリンピック特別仕様ナンバープレート

f:id:taramu7723254:20180828142021j:image

東京オリンピック特別仕様ナンバープレートって知ってましたか!

最近、上記のようなナンバープレートを頻繁に見かけます。

たまたま停車中の車のナンバーを観察したところ、右上に東京オリンピックのロゴのデザインが書いてあるのを、発見したのでインターネットで検索しました!

[東京オリンピックナンバープレート[

サイトによると、国土交通省は、2020年の東京オリンピックパラリンピック開催に合わせて、特別仕様のナンバープレートを交付すると発表、2017年10月10日から交付が開始されますとのこと。

結構前からやってたんだ。

かっこいいナンバープレートに気がついたのは、2018年の7月の初めくらい。

俺もそれ欲しい‼︎  

仕様は2種類あって、上記のデザインは1000円以上の寄付金を出せば手に入ります。

このイメージは「様々な人々の個性(色)を尊重した未来の社会への希望を集約する光の表現としてイメージ、その様を多彩色のグラフィック表現でナンバープレートにデザインした」そうです。

最近認知されつつあるLGBTですか。

寄付金とは別にナンバープレート交付料金が7300円かかりますので、合計8300円で、このかっこいい?ナンバープレートが手に入るってことか。

交換までの流れを説明すると、申し込みに関するサイトがあります(すぐにわかる)ので、寄付情報、名前とか、住所とかを記入。

ナンバープレートに関する情報、車体番号も記入するので車検証が必要です。

で、送信。

次の日に申し込み受付のメール受信。

データ確認して送信。

申し込み完了のメールを受信。

それからクレジットカードで送金。

入金確認メールを受信。

1.2週間したら、交換できますよーとのメールが届いて、サイトにて、

「交換申請書」を印刷。

交換期間は1か月。

所管の陸運局に、交換申請書と今まで使用していたナンバープレート、前後二枚を持っていけば、新しいナンバープレートがもらえます。

外す後ろのナンバープレートのは、銀色の蓋みたいなのが1個ついてますが、封印っていうらしい。それをグリグリ取らないと後ろのナンバープレートは外せません。知らなかったです。

で、新しいナンバープレートをつけたら、係の人に後ろのナンバープレートに封印してもらったらおしまい!

昔は封印してもらうのに、目印として、ボンネットを開けておくってルールを知らなかった事を思い出しました。

交換までの手続きは簡単ですが、結構時間がかかりますね。陸運局まで行かなきゃいけないなんて。

今回は、ナンバーを変更しなかったのですが、好きなナンバーに変更もできるらしいです。もっと大変そう。

 

東京オリンピックまで後2年。

もう2年は今の車に乗る予定です。

現在、229500キロでーす。