加齢とランニングの関係

中学生の時に、陸上競技、長距離をやり始めて、約30年ちょい。

途中、何度か休んだ期間がありましたが走り続けてきました。

中学から高校、大学と記録は伸び続けて、社会人になっても、本格的というわけでもないのに、記録は更新できました。

就職してからの練習量は学生時代よりも減っていましたが、25歳くらいが記録のピークでした。

1500m.3分55秒

5000m14分43秒

で、30歳になった時に記録も低下してくるかと思いましたが、

以外にも、記録は若干遅くなった程度で、以外にもそこそこ走れました。

1500m4分4秒

5000m15分15秒くらい

ところが40歳になったあたりで

記録がガクッと落ちるようになってきました。

40歳になって引っ越しして、今まで走っていた、周回コースで練習をしなくなったことにより、1000のインターバルとかやらなくなったからかなあ、

と最初は思っていましたが、

たまに1000mを走っても、全力で走っても3分かかるし、昔の感覚からするとキロ5分→キロ6分と時間がかなりかかっています。最近は、キロ6分半とかどんどん遅くなる!

疲労が回復するのにも時間を要します。

最近は、ちょっと早いスピードで走ると、2日後が1番だるく3日は回復に時間を要します。

これでは、週に2回しかポイント練習ができません。

ただ、この記録低下は、加齢によることは明白です。

マスターズ記録1500mは、

40代4分3秒

45才4分10秒

50代4分17秒

55才4分24秒

ここまでは、5才毎に7秒遅くなっています。

60才4分34秒

65才4分49秒

と55才からは10秒

60才からは5年で15秒遅くなっており、50を超えたら記録低下に拍車がかかることが予想されます。

マスターズの10000mの記録を見ると45才から記録の低下が著しいです。

45代31分16秒

50代32分45秒

55代34分59秒

となってやはり50代からの低下が著しいのが、わかりますね。

自分自身も去年あたりから、10km35分代の記録が出なくなり、33分代→

34分代→35分代→36分代と順調に記録低下しているわけです。 

みんな遅くなってるからあんしん

 

現在50才だから、記録は低下するだけです。つまらん。

最近の練習は

月曜  ジョギング40分から50分

火曜  ジョギング40分から50分

水曜  1000mx3本、調子良ければ4本、3分20秒

木曜、金曜はジョギング

土曜日 10キロ40分

日曜 ジョギング

と、こんな練習ですが、最近走っていて身体が軽い感じがなく、疲れが抜けない感じ。 猛暑のせいかも。

最近本屋で立ち読みした、オックスフォードの疲れない身体

というのによると、疲れない身体には、

1.睡眠、

2.朝食

あと身体のバランスとか忘れてしまいましたが、睡眠は大事らしくウサインボルトなんかは12時間以上寝てるらしいです。

自分も睡眠時間を今は、7時間なので

8時間くらいを目標にしたいと思ってます。

それと、最近は無理するとすぐに故障してしまい、しかもなかなか治らない、

ので痛かったら休む、しかし痛いの我慢して走っているうちに治ることもよくあるので、痛みがひどくなる前に休む。

事を心がけていきたいです。 

1キロ3分36秒で走って36分だから

35分代はかなり難しいなあ。