カプリコで当たった!

子供がカプリコ開けたら出て来ました。

f:id:taramu7723254:20180905132642j:image

 

かぷすけっていうらしいです。

ジャイアンカプリコ「いちご味」では「カプすけ」、新製品の「クリスピーチョコ味」では「Zくん」の顔が出るみたいです。

イチゴ味なのでカプすけです。

カプリコはお馴染み、江崎グリコ株式会社のお菓子です。

グリコによると、昭和45(1970)年、「ワンハンドで食べるスポーティチョコ」というコンセプトのもと、ソフトクリームのような形状と、エアインチョコレートとコーンを組み合わせたチョコスナックとして発売されました。

定価は108円。

近くのドンキボーテでは、88円で売ってました。

カプリコのカロリーは、いちご味1本(37g)208kcalとなっています。

結構高カロリーです。

ちなみに、カプリコの上の部分(あたま)だけが商品として発売されています。

カプリコのあたまは、12粒入りで175kcalで、頭だけだとそんなにカロリーはありません。

 

売れ行きは、30から40才の女性が1番多く買っているようです。

小さい子供が大好きだからでしょうか!

商品イメージは、カプリと食べると、

イタリアのカプリ島の明るさと楽しさをイメージして、「カプリコ」。

アカプルコかと思っていました。

 

ちなみに、グリコの語源を調べたところ、

栄養素であるグリコーゲンを食べやすく、おいしくしたのが「グリコ」。「グリコ」の名前はグリコーゲンからきています。

 

創業者である、江崎さんは、子どもたちが大好きなお菓子を食べながら、健康を促進できるようなお菓子を創りたいと決意し、キャラメルに牡蠣エキスを加え、グリコーゲンにちなんで「グリコ」と名づけ“栄養菓子”として売り出しました。

 

キャラメル一粒300mとありますよね。

グリコのキャラメルには、実際に一粒で300メートル走ることのできるエネルギーが含まれています。

グリコキャラメル一粒は 16.5 kcal です。年齢20歳の男性が分速160m で走ると、1分間に使うエネルギーは 8.71 kcal になります。つまり 「アソビグリコ」 一粒で 1.89分、約300m走れることになります。

140粒でマラソンが走れる勘定です。

グリコのキャラメルは1922年に発売されたのでそろそろ100年です。

何か記念商品でもでるのか、楽しみです!