10キロ36分切るための練習とは

50歳超えの現在、ここ何年かは、10キロ36分が切れなくなって来ました。

過去に、35分台で走ったのはいつだっけ?

ここ2.3年はないかと思われます。

 

スピードが鈍っているのは間違いないので、7月終わりから8月にかけて

週一の割合で100mのダッシュ16秒くらいを20本行いました、

一週目は、順調にこなせましたが、二週め10本目あたりから、右膝の裏あたりがだんだん痛くなってきました。

無理やり2.3本走りましたが、走っても痛みが強くなり中断。

その後は、足の痛みのため一週間はジョギングです。

よくなったと思い、流しとかダッシュを行うと右膝の裏がなんか痛くなり、未だに全力疾走はできません。

 

そのかわり、ペース走とインターバルを行いました。

土曜日に10キロのペース走。38分。

月曜、火曜はジョギング50分。

水曜日は、1000のインターバル4本。

ペースは、3分20秒でやってましたが、

こなせなくなってきたので、3分27.8秒で。少し、余裕があります。五本はできそう。

木曜、金曜日はジョギング。

 

次のレースは、5日後の10キロ。

37分はかかりたくないし、できれば35分台が出ればいいかな!

アミノバイタル買ってこないと。

アミノバイタルプロ粉の奴を飲んで走ると後半の粘りが全然違うと思います。

アミノ酸を事前にたくさん摂取することにより、後半粘れるって事みたいですが、たしかに実感できるのが凄い。

 

1947年、今より70年前は男の平均寿命が50歳。

これからは老いとの戦い、

というか老いを受け入れ周りに迷惑をかけないジジイになって行かないと!

 

5日後、どれくらいのタイムで走れるか楽しみです。