マラソン驚異的な世界記録

ラソンで驚異的な世界記録がでましたね。

2時間1分39秒。従来の世界記録を1分以上更新しての世界記録。

9月16日のベルリンマラソン

エリウド、キプチョゲ(ケニア)が叩き出した驚異的な記録。

今年の2月に設楽悠太により更新された日本記録は、2時間6分11秒だから、4分32秒差。

400mトラック約4周分の差となります。

 

レースは最初の5kmを14:24で通過。

キプチョゲは5 〜 10kmと10 〜 15kmの5kmをどちらも14:37。

世界記録ペースよりも少し遅れています。(従来の世界記録の2:02:57は 2:54.8 / km = 5km14:34)

15 〜 20kmの14:18は、今回のレース中で1番速いタイム。

その後61:06で中間点を通過します。

これは4月のロンドンマラソンのキプチョゲの中間点の通過記録より6秒遅かったが、マラソンにおいては史上2番目に速い通過記録です。

20 〜 25kmを14:28で通過、とうとうペースメーカーさえこのペースについていけなくなってしまいます。

残り16km以上残しながら、キプチョゲはペースメーカーなしで1人で走る事になります。

彼の唯一の対戦相手は、彼の前方を走る先導車のみ。キプチョゲのタイムを刻一刻と刻んでいる。

 

25 〜 30kmを14:21で走り、ついに彼は前人未到領域へと足を踏み入れた。公認の大会で30km通過を 1:26:45という速さで走った選手はこれまで誰もいないらしいです。

 

凄いことに、キプチョゲはそこから、さらにスピードを上げました。キプチョゲの表情が時より歪んでいたものの信じられないスピードでラップを刻んでいった。35kmの通過記録が出ると(1:41:03、30 〜 35kmが14:18)、キプチョゲは2:02を切るペース(2:01:49)になっていた。

35 〜 40kmを14:30と僅かにペースを落とした(しかし、世界記録ペースは上回っており、2:02:00より少しだけ遅いペース。2:02:00ペースは14:27)。

そして、ラストスパートをかけた。

キプチョゲは40kmからゴールまでの最後の2.195kmを6:07秒で走りました。

2時間1分39秒。

前半1時間1分6秒

後半1時間0分33秒です。

 

日本のハーフマラソンの記録は、設楽悠太の1時間0分17 秒なので、設楽のハーフより16秒遅いだけ。

このキプチョゲのタイムの凄さがわかります。

この記録は、日本人2人がハーフマラソンで競争しても勝てないくらい異次元のタイム。

世界のマラソンは遠い彼方へ行ってしまいました。

キプチョゲマラソン9連勝!

 

エリウド、キプチョゲ

1984年11月5日生まれ 33歳

170センチ57キロ

1500m 3分33秒

5000m  12分46秒

10000m 26分49秒

ハーフマラソン 59分25秒

 

ハーフのタイムは設楽悠太と50秒差だから、マラソンで1分40秒差だと、

日本人もマラソン2時間3分で走れるんじゃないかと思います。

頑張って欲しいです。

日本のマラソン🇯🇵