市立船橋高校の時の思いで

昭和59年、市立船橋高校普通科に入学。当時は、体育科が出来て2年目でした。

体育科の校舎も新築同様にきれいでした。体育館も出来たばかりで、筋トレマシンが充実してました。

 

陸上部の顧問は、小出義雄先生です。

小出監督といえば、リクルート、積水、ユニバーサルなんとか、実業団監督をやっていた方で、

シドニーオリンピックラソン優勝の

高橋尚子さんを育てた監督でもあります。

世界選手権優勝の鈴木博美さんも指導していました。

 

高校当時は体育の授業を受け持っていました。

体育の授業といっても内容は超適当で、バレーの試合やらせておしまいって感じ。

乗っている車は、確か日産ローレルだったか?のディーゼル車。

佐倉から車で通勤。ディーゼル車なので、ディーゼル特有の音が、カラカラカラカラ!車の音でくるのがわかります。

「あっ、きたっ」

部員はみんなデッチーと呼んでいました。当時40何才かだったかな?

 

あとサッカー部の顧問で監督だった

布啓一さんという先生がいました。

当時は、まだ大学をて間もない時期でしたが、目ヂカラが強く怖かった!

週明けの月曜日には、顔に傷らしきもの

があったりしましたが、

サッカー部は、高校インターハイ全国1位まで上り詰めました。

練習は超キツかったらしいですよ。

昔は体罰ありの世界だったので、監督の必殺みぞおち膝蹴りで、落ちてしまった人が何人かいました。私はくらわなかったですが。

 

 

あと当時有名だったのが水泳で有名な

鈴木大地さん!バサロスタートで背泳ぎで金を取った方です。

とうじは、今で言う「ヤンチャ」な感じと言ったら失礼ですが、そんな感じでした。

水泳部の友達は、パンとか買いに行かされてましたっけ。

今では、スポーツ庁長官ですか!スゲ!

 

あと学校のグランドがせまく、野球の練習でボールが飛んでくるため、グランドに面した校舎の窓ガラスが全部、プラスティックになってました。

たまに、ボールがバーンと当たります。

 

一学年、普通科6クラス、商業科2クラス、体育科2クラスの構成。

普通科は、船橋市内のみ、

商業科、体育科は市外でもOK,

2年で部活はやめてしまったので、

なんか、暗い高校生活だったかもしれないです。

ただ高校の1年は、今の10年くらいに匹敵するくらいの、貴重な日々だったかもしれないです。

大学にいってもしばらくは、高校の友達とも会っていましたが、今はさっぱり音信不通です。

元気にしてるかな?