市立船橋高校の時の長距離練習

戸棚を整理していたところ、高校の時の陸上の練習日記が出てきました。

結構キツイ練習をしてました。

今ではできない!

陸上部顧問は小出義雄先生です。

 

高校入学当時の五月くらいまでは、

足慣らしみたいな感じで軽めの練習です。

四月の練習!

月曜日

朝練習 5キロジョグ 

午後練習 5キロジョグ

 

火曜日

朝練習 5キロジョグ

午後練習  400mX15本

 

水曜日

朝練習  5キロジョグ

午後練習  クロカンコースで90分走

    その後、1000m2本

 

木曜日

クロカンコースで500m20本

 

金曜日

朝練習    5キロジョグ

午後練習  17.5キロラストビルドアップ

 

土曜日

朝練習  5キロジョグ

午後練習   3000m➕2000m➕1000m

  400mインターバル10本

 

日曜日  休み

 

といった感じです。

午前練習は、授業の始まる前、7時半からです。

 

7月の練習。

 

月曜日

2000m(400)✖️4本

+1000m+6000mビルドアップ 流し3本

 

火曜日

400m(200)200(200)✖️15本

流し3本+1200m走

 

水曜日

クロカンコースで3キロ✖️3本

学校まで12キロ持久走

 

木曜日

朝練習  5キロジョグ流し6本

午前練習

400(200)✖️5本+1000m(400)✖️5+400m(200)✖️5本

午後練習

20キロ持久走

 

金曜日

朝練習  10キロ走

午後練習 クロカンコース3キロ✖️8周

24キロ走

 

土曜日

朝練習  5キロジョグ

午後練習  2.5キロのインターバル五本

 

この週は学校で合宿です。

宿泊施設があります。

クロカンコースは、検見川にある東大のゴルフ場で、結構キツイ坂があるクロカンコースで一周3キロです。

坂がハンパない傾斜です。

インターバルの後、1000m二本とかビルドアップ走をやってますが、最初からやると言われているわけでなく、

インターバルが終わった後、

「じゃあ次1000m一本行こうか」

とか小出先生が言って終わると

「じゃあもう一本1000m」

とか始まり、終わると

「じゃあ次、6000mのビルドアップ」

とか言っていつ終わるのか分かりません。

「じゃあ最後、流し6本」

とかでやっと練習終了です。

7月の学校合宿での練習は今も覚えていて地獄のようでした。

練習の合間は、ぐったり横になっているだけです。

しかし、その後の8月合宿はさらなる地獄が待っていようとは、知る由もありませんでした!

 

 

続く…