台風による塩害発生!

台風24号が通過しました。

凄い風でした!我が家は東京湾からは15キロ以上離れたところに位置していましたが、台風の強風で潮風が届いたらしく、窓ガラスが白っぽくなりました。

自転車もなんかベトベトです。

自転車のチェーンも台風通過後、3日くらい経った後に錆びが見られました。

庭木も葉先が茶色くなっています。

いわゆる台風の塩害です。

 

台風は、月曜日の朝には通過しましたが、潮風により電線に塩が付着したことにより、電線が発火し、電車、京成などがストップしました。これが木曜日、金曜日です。

他にも千葉県八千代市では、台風通過後に停電が発生しています!

なんで台風通過して、しばらくしてから

塩害の影響が出たのでしょうか?

 

金曜日の朝にジョギングしたところ、

霧雨が降っていました。

電線からなんかパチパチ音がするのに気がつきました。

よく見ると、電柱についてる白いタマタマ、碍子っていうのでしょうか?

そこから、パチパチ火花らしいのが出ています。台風通過から4日経っています。

考えられるとしたら、降雨により、電線に着いた塩が流されて、ショートしたのかもしれないです。塩水は電気を通しやすくするみたいですね。

 

調べたところ、海岸から2キロ以内では塩害対策用の電線となっているみたいです。

今回みたいに、海岸から10キロ以上離れているところは、塩害対策がなされていないため、電線発火となった模様。

 

ならば、すべて塩害対策電線にすれば安心かと思いますが、当然コストがかかるわけでそのコスト分は、電気料金に跳ね上がってきます。

今まで住んできた中で初めての経験だったので、10年に一度あるか、ないかの経験かもしれないです。

 

今回は、また停電しなくてよかったです。

台風通過時は、夜中の2時から夕方6時まで停電してましたから。

今後、停電対策として何か考えないといけないと今回の台風で、痛感した次第です。

1.発電機

軽油で駆動するやつと、カセットガスで駆動するやつ。

カセットガスは二本で1から2時間発電できます。時間は短いです。

2.蓄電池

ただし容量がデカイと高い!

ただ、蓄電池代わりに電気自動車買ったらどうなのか?

とか、いろいろ今回は考えました。

 

巷では、ホームセンターで発電機の売れ行きが9倍になったとか、ニュースで流れてました。発電機は音が問題となってきますが、最近のはそんなに音はうるさくないみたいだし、ただし、外に置かないといけません。

 

余った電気を高額で買い取ってくれるのも、平成32年6月までなので、今から対策を考えていきます。