平成の終わり

天皇陛下の譲位は、平成31年4月30日です。

つまり、平成は平成31年4月30日で終わりとなり、次の元号となります。

平成31年5月1日に改元することとなります。

よって、5月以降の行事は全て

「平成最後の●●」

「平成最後の運動会」

「平成最後のクリスマス」

とかなんとでも言えますね!

 

譲位について調べると、

「君主が存命中にその地位を後継者に譲りわたす行為である。」

となっています。

今の天皇陛下が生きている間に、次の天皇陛下になるという事ですが、

今までは、亡くなってから、お隠れになってから、次の天皇にバトンタッチしてました。

 

譲位というのは、昔にも行われており、前回の譲位は、今から200年前だそうです。

江戸時代後期、119代光格天皇以来です。

前回の譲位も30年で譲位したとのことなので、今回もそれに合わせて30年にしたのでしょうか?

ちなみに250年前は、最後の女性天皇だったとのことです。

 

 

譲位の儀式は、200年前以来ということなので資料をもとに執り行われるのですかね?

 

次の元号が気になりますが、

条件としては、
・おめでたい意味や願いをこめる
・漢字2文字
・過去に使われていない
・出典が明らか
・子供でもわかる

を満たす条件となっています。

2018年中には発表される模様です。

 

 

元号はそろそろ分かるとして、

いろいろな契約する時など、自分の生年月日を書く欄がありますが、

平成表記と、西暦表記があり、なんで統一しないのかな〜とか思っていましたが、西暦というのは、キリストが生まれた年を0年としてるんですね!

だから、国民のほとんどがキリスト教徒でない日本では、西暦を使用するのは不自然な事かもしれません。

ただし、西暦表記は、ほとんどの国で使用していると思われるため、西暦を使用した方が、国際的には便利かもしれません。

気になって近くを見渡したところ、

近くのカレンダーは全部西暦表記となっていました。

たしかに、平成●●生まれを西暦に直すのはめんどくさいです。

 

平和、和平、希望、元明、東五、五輪、とかですかな?