「若女将は小学生」を見た!

アニメ映画、「若女将は小学生」を見てきました。

主人公のオッコは小学生。

オッコのおばあちゃんは、老舗旅館の女将さんです。

親子三人で旅行から帰る途中、高速道路で対向車線から、トラックが飛び出してきて、オッコの乗ってる乗用車に衝突して、両親が亡くなってしまいます。

オッコは老舗旅館のおばあちゃんの家に住むことになりますが、そこには、男の子の幽霊がいました。

しかし、他の人には幽霊は見えず

オッコだけが見えるようです。

他にも謎の女の子の幽霊、鬼の幽霊?

に助けられたりしながら、女将修行を続けていきますが、旅館にくるのは厄介なお客さんばかりです。

しかし、最初厄介だと思われた客が

実は、雑誌関係の人で、

雑誌に掲載され、客がどんどん押し寄せることになります。

新しい学校では、同じ温泉宿にある、大旅館の娘、ピンクのフリフリの服を着た

娘と同じクラスになり、大喧嘩しながらも共に成長していきます。

途中で2人の幽霊は、他の登場人物と深い関係があることが明らかになってきます。

映画の最後の方で訪れた客は!

なんということ!

 

最初から最後までウルウルするシーンばかりでした。

年をとると、涙腺が緩むのかも?

 

最初は、気乗りしなかった女将の仕事でしたが、

お客さんに喜んでもらうことで、仕事の素晴らしさを知り、立派な女将になっていくという話でした。

何よりも前向きな主人公の姿勢がよかったです。

 

小さい子どもはあんまりぐっと来てませんでしたが、楽しむところは結構あったみたいです。

 

はっきりいって面白かったです。

見に行ってよかった〜