トヨタクレスタ 22万2222キロ

平成7年式トヨタ   クレスタ2.5

ツアラーS

2018年12月1日に、なんと22万2222キロ走行距離を刻みました!

f:id:taramu7723254:20181204103406j:image

車で出掛ける際、エンジンをかけてふと見たところ、なんと22万2220キロだったので、これは見逃せないと思いました。

家から出発してから、当たり前ですが2キロの地点で22万2222キロを記録しました。平成7年式だから、23年間で、年平均約9600キロ走行したことになりますね。

車自体の老朽化は、当然ながら進んでいて、

窓回りのモールが剥がれてきたり、

エアコン吹き出し口から、スポンジカスが飛び出してきたり、

オートロックからガチャガチャ音が止まらなくなったり、

塗装が一部剥がれてきたり、

電動ミラーが動かない。

後ろのスピーカーから音が出ない。

 

といろいろありますが、エンジン自体は調子が良く、普通に走るのでしばらくは乗るしかないかな。

ナンバープレートも東京オリンピック仕様にしたことだし。

f:id:taramu7723254:20181204105102j:image

最近では、街中でよく見かけるようになってきた、東京オリンピック応援ナンバープレート!

 

しかし、壊れない丈夫な車です。

今までに不調になったのは、一回のみで、謎のエンストが続いて走行不能になったのが一回で、メインコンピュータの交換で直りました。

 

2017年、前回の車検では、いろいろなところを治しました。大きいところで、エンジンマウントのゴム交換をして、これにより、エンジンの振動があまり伝わらなくなりました。

それでも車検代は22万くらいで済みました。

毎回車検は、最低限の整備で7万とか8万だったから結構かかってもこの金額です。

 

欠点は、強いて挙げると

「燃費」くらいです。

市街地走行でリッター6キロからよくて7キロです。最近の車ね半分以下ですかね。高速乗っても、リッター10キロくらいです。

 

カーセンサーで平成7年式くらいの車を調べてみたところ、

MR2

ストーリア

ジムニー

インテグラ

クラウン

スカイライン

とか10台くらいしかヒットせず。

 

スカイラインGTSTなんかは100万以上と、もはや趣味の世界です。

 

当時のカタログデータによると

 

最高出力
180ps(132kW)/6000rpm
最大トルク
24.0kg・m(235.4N・m)/4800rpm
種類
水冷直列6気筒DOHC24バルブm
総排気量
2491cc
内径X行程
86.0mm×71.5mm
圧縮比
10.0
過給機
なし
燃料供給装置
EFI(電子制御式燃料噴射装置)
燃料タンク容量
70リットル
使用燃料
無鉛プレミアムガソリン

 

となっています。

 

さて、いつまで、何キロまで走れるのか?