鉄剤摂取で速くなる⁈

最近のニュースで報道されてびっくりしました。

高校駅伝の関東強豪校の監督かコーチが、女性選手に毎週のように、鉄剤の静脈注射を続けていたとのことです。

 

この、鉄剤摂取により、ヘモグロビンの値があがり、酸素の運搬能力が上がることにより、持久力が上がるということです。

ただ、これには副作用があり、鉄分が身体に沈着して肝臓等の内臓に副作用が出るとのことで、陸連は高校に対して

辞めるように、勧告していたが、注射を続けていたらしいです。

 

読売新聞によると、この注射により、

3000mの記録が20から30秒上がったとか、大学に入り鉄剤注射を辞めたら、5キロの記録が2分遅くなったとか報道されており、実際のところ、走力はかなりあがるらしいですね。

 

この鉄剤摂取は、ドーピングには、違反しないらしく、なんでなのか疑問が残るところです。もともと、女性は貧血になりやすいので、貧血対策として鉄剤摂取が、認められているのか。

 

かく言う自分も、30年くらい前でしょうか、20歳前後の時、速くなるかもしれないと思い、鉄剤を摂取した時期がありましたが、効果が出る前に、

1.走って追い込むと腹痛がでた。

2.ウンコが真っ黒になった。

等の理由によりやめてしまいまして。

 

あと、試合前に高いユンケルを飲んで走ってみたり、いろいろ試してみました。

(ユンケルは腹痛で、走ってる時に漏らしそうになって一回でやめた!)

 

その後は、亜鉛を摂取すると持久力アップするとかいって、亜鉛サプリが流行った時代もありました。自分はやりませんでしたが。

 

あと怪しげなネックレスをして走ってる人がいました。ゲルマニウム

あと、ピップエレキバンみたいなのを貼って走ったり。

 

あとアミノ酸摂取も一時期続けていましたが、走力は確実にアップしました。

ただ、飲み過ぎると、腎臓系にあまりよくないらしいと、後から医師に聞いて、

やめといて良かったかなと思います。

(アミノ酸は、高価なのでやめた!)

 

若い時に、アミノ酸をガバガバ飲んで、高強度の練習をバンバンこなせば、かなり、速くなることは間違いないと思います。

 

鉄分については、食事から鉄分をとるのが一番いいのですが、肉、レバーとか。

野菜の鉄分は、吸収が悪いみたいです。

 

ただ、肉も食べすぎると、尿酸値があがったりして、腎臓に悪影響を与えるので、特定の食材の食べすぎは、やはり身体に毒であるので、

バランス良い食事という、当たり前の結論に落ち着きますかね!