箱根の往路は東洋が優勝‼️

2019年1月2日、

平成最後の箱根駅伝往路は、目の離せない展開でした。

1区は、最初からスローペースでつまらねーと思っていたところ、

途中から、平成国際大学

留学生がスピード上げて面白い展開に。

去年に続いて東洋の選手が区間賞獲得。

 

次の二区は花の二区と昔は言いましたが、今は選手層が厚いので、花の二区と言ってもそんな差はつきせん。

みんな、エース級を投入しているのだから。 

その中でも、順大の塩尻が2区の日本人で一番早かった、同じく順大の三代直樹の記録を更新しました。かつて、早稲田の渡辺が出した破れないだろうと言われた記録を更新した、三代の記録です。

 

で3区。

3区で、青学の補欠からまわったエース森田ほまれが、区間新の快走でとップになるが、4区では、東洋に凄い勢いで抜かれました。

4区の東洋の選手は、大幅な区間新記録で青学を突き放します。

逆に青学の岩見は区間15位の記録。

 

そして往路の最終五区です。

昔は、山の神がゴボウ抜きして、多く順位が変動しました。ここ、2.3年は、

各チームとも、そこそこ走れる奴を配置しているので、昔みたいに順位の、変動はあまりありません。

山の方が何人もいる感じか。

 

やはり、チーム全体で、全体的に底上げされてきて、全体的にレベルも上がってきているか

ら五区でも区間記録あたりで走れる選手が増えて、昔ほどには順位に差がつかず面白くはありません。

 

五区の山登りで差がつくので、各大学、登りに強い高校生をスカウトしているとか。

10キロ登りで早い選手。

 

4.5区で、誤算だった青山学院。

4、5区で4分は損したか。

5区の青学、竹石は区間13位。

トップの東洋とは、5分30秒差。 

 

 

復路の10キロ持ちタイムを見ると、青学が東洋よりも、5人で2分早いので。単純に2倍したら4分差。東洋までは届かないかな。

ただ何があるかわからないのが駅伝。

東洋、青学、東海、駒沢、この4校から優勝チームが出ると思いますが、ブレーキ1人でも出たら結果はわかりません。

2019年。平成最後の箱根駅伝は最後まで目が離せません‼️

 

予想は、

一位 東洋

二位  青学

三位  駒沢

四位 東海

だと思います。