千葉県 インフルエンザ 流行の兆し

2019年1月16日、千葉県でもインフルエンザが流行、いよいよ身近に迫ってきました。

 

小学生5年クラス、インフルエンザで休みが1人でたと思ったら、次の日は三人発熱で休み。

3年のクラスでも、チラホラとインフルエンザで休んでる子が出ているようですね。

インフルエンザは発症する一日前から、ウイルスが体内から出て、感染力があるので、学校において感染拡大するのはやむを得ないと思います。

感染経路は、

1.飛沫感染

セキ、くしゃみを吸い込む

2.接触感染

ウイルスのついたドアノブ等を触り、それを口に触れる

 

ウイルスが体内に入り、それが増殖して初めて発症するので、ウイルスが体内に侵入しても免疫力が高まっていれば増殖できないので、

睡眠、栄養をとることが大事です。

 

子どもは予防接種を二回やっているので、インフルエンザにかからないと勘違いしていましたが、かかりつけの医者に聞いたところ、

予防接種により、肺炎や脳症道路命にかかわるような重症にならなくなるとのことで、

感染したら38度くらいの熱は出るでしょう!

とのことです。

 

次女のみ、予防接種は一回しかやっていないので若干心配ではありますが、発症しないのを祈るのみです。

 

自分も、もしかしたら元旦に発熱しすごい悪寒がしたのは、インフルエンザに感染していたのかもしれないです。一日で熱が下がったのでわかりませんが。予防接種をしていたので軽い症状で済んだのかも?

 

やはり、予防接種はしといたほうがいいなぁと改めて思いましたまる。