大島観光 三原山 登山

2019年2月10日

伊豆大島に行き、三原山に登りました。

ジェット船にて岡田港に10時10分到着。

船を降りたあたりで、営業していた伊豆レンタカーの人にレンタカーを頼み、車に乗せられ、営業所へ。

5分くらい。

家族5人いたので、トヨタカローラに毛の生えたような車を借りました。シエンタだったかな!

6時間で6100円。

頼んでいないフルの保険も含めて総額8100円。

帰りは、近くのガソリンスタンドで給油してくれとのこと。

ちなみに、ガソリンスタンドは、大島に1店しか営業していないとのことです。

 

伊豆大島は初めてきたので、まずは島内一周です!三原山にはぜひ登りたかったので、ノンストップで一周しました。

島内一周道路というのがあり、一周50キロちょいです。

走り初めてまず感じるのは交通量の少なさと信号の少なさです。

聞くところによると島民は8000人とのこと。

三原市噴火の33年前は12000人いたらしいです。

あとコンビニが、一軒もありませんでした。びっくり!

スーパーがパッと見、三軒はあったかと。

あとパチンコが何軒か。

スタンドも何軒か見かけましたが、開いていませんでした。

 

まず、海の近くに地層がぐねぐねと見えるところで撮影!

f:id:taramu7723254:20190206143409j:image

 

続いて迷いこんでしまった波浮港!

ここも観光地らしいですね。

f:id:taramu7723254:20190206143549j:image

古い町並みです。

 

椿祭りをやっており、公園は観光バスが3台くらい止まっていました。

 

珍しい信号!

f:id:taramu7723254:20190206143926j:image

島内の道路はこんな感じです!

f:id:taramu7723254:20190206144017j:image

1時間ちょいで一周まわり、

急いで三原山へ!

 

三原山を車で登れるところまで登り、駐車場に到着!

遠くに富士山が見えました。

f:id:taramu7723254:20190206144344j:image

 

12時前には登山道に着きました。

三原山の火口までは行きたいです。

帰りのジェット船は3時10分なので、

火口一周する時間はないので残念ですが火口までは行きたいです。

f:id:taramu7723254:20190206152337j:image

 

三原山は1986年に大噴火をおこし、全島民が避難することとなりました。

そんなに昔ではありません。

途中、噴石から身を守るためかトンネルみたいなのが設置されています。

f:id:taramu7723254:20190206152738j:image

 

遠くから見ると、山肌には黒いスジがいくつも見えます。植物かと思ったらなんと溶岩の固まったものでした!

f:id:taramu7723254:20190206152942j:image

登って行くと至るところに溶岩があります。

噴火から30年も経つとは思えません。f:id:taramu7723254:20190206153116j:image

登るにつれて勾配がきつくなってきました。

登って行くと三原神社の鳥居がありました。

f:id:taramu7723254:20190206153251j:image

 

神社まで行きたかったですが、時間の関係もあり急いで山頂へ!

f:id:taramu7723254:20190206155813j:image

やっと着いた、「火口展望場」

そこから見る景色は、

映画「君の名は!」の隕石が落ちたクレーターのよう!

f:id:taramu7723254:20190206160058j:image

ここから大量の溶岩が吹き出したのでした。

よく、全島民避難が一か月で済んだなって思いました。

11月19日の噴火で避難して、12月末に帰ってきて、何もない正月を過ごしたと、島民の人はおっしゃってました。

 

当時は12000人いた島民は、現在8000人。

小学校も統合され3校に。スクールバスで通っているとのこと。

高校はなんと二校もあるそうです。

島といっても東京都なので予算は潤沢にあるのかもしれません。

ちなみに島民の車は品川ナンバーでした。

 

帰りの岡田港では無料のあら汁を配布していました。大根、明日葉が入っていたかな。

美味しくてお代わりしました!

f:id:taramu7723254:20190206161620j:image

登山客やサイクリングの人、観光客で岡田港は賑わってました!

初めての伊豆大島でした。