映画 アクアマン

2019年2月9日映画アクアマンを見た。

あらすじは、灯台守をしている男がある日、海辺に打ち上げられた女性を発見。

自宅に運び、傷の手当てをしました。

その女性は、海に沈んだアトランティスの女王様!

2人の間に赤ちゃんが生まれます。

その子どもが大きくなって、アクアマンとなるわけですが、アトランティスからの追ってが迫ってきて、赤ちゃんと夫に危険が迫ったため女王は海に帰って行きます。

 

アトランティスに住んでいる人々は、水中で話すことができたり、水中をすごいスピードで泳ぐことができます。

 

海の中には、アトランティス以外にもいくつかの国があり覇権争いをしており、アトランティスも地上の世界の潜水艦から攻撃されたり。

 

地上の世界も津波 で攻撃されたりして危機が訪れて、それをひとつにするには、真の王の力が必要であり、真の王でないと伝説の

「鉾」を抜くことができません。

 

アトランティスからの使者、髪が赤い美女、メラは、アクアマンに王になるよう頼みに来ますが、アクアマンは、なかなかその気にはなりません、

 

しかし、津波による攻撃により、父が死にそうになってしまったため、アクアマンは立ち上がります。

 

伝説の鉾を手に入れるため、メラと世界中を回ります。

 

その鉾を、手に入れるまでが、謎解き、アクションの連続です。

深い海溝にその鉾は、怪獣により守られているのですが、そこには死んだはずの母が!

 

伝説の鉾を手に入れた

アクアマンは無敵になり、真の王に!

 

 

映画は3時20分から始まり、6時に終了!

ちょっと長かったかなと思いましたが、途中少し眠くはなりましたが、

そこそこ楽しめました!

 

しかし長かった!