映画 アリータ.バトルエンジェルを見た

2019年3月7日

映画、アリータバトルエンジェルを見ました。

 

時は2500年の近未来。

上空に浮かぶ都市があり、そこから捨てられたゴミの山。

ロボットの医師である男が、ゴミの中から、サイボーグの頭を見つけます。

サイボーグの頭のには、生体反応があり脳は生きているようです。

男は頭を家に持ち帰って、サイボーグの身体全体を修復して行きます。

 

修復してしばらくたち、

ある朝女の子は目覚めますが自分の記憶は全くありません。

自分の名前も思い出せない少女に、

アリータと名付けます。

 

その男の亡き娘の名前です。

 

家から出ると、外には身体の一部が機械になっている人がいっぱい歩いています。

アリータは歩いていた子犬を、抱き上げた時、巡回ロボットが迫ってきます。

 

若い男が、アリータを助けますが、アリータは信じられない動きで子犬を助けました。

 

アリータは300年前の時代の、現代では失われたテクノロジーを持った最強戦闘兵器サイボーグだったのでした。 

 

その助けてくれた若い男と知り合ったアリータは、街のいろいろなところへ案内されますが、

 

アリータの興味があるのは、ボールを奪い合いバスケットゴールのようなゴールに決める戦闘的な競技です。戦闘のプログラムが内蔵されているため、興味は戦闘的なものを好むようです。

 

アリータも試しに街中での競技に参加してみたところ、

あっという間に頭角を現します。

 

時々、断片的に思いだす戦闘の記憶と、

徐々に気づく巨大な悪への挑戦と、

若者との恋愛❤️

未来のサイボーグには、恋愛感情までプログラムされているのか?

 

子をなくした親の、子供に対する愛情なども描かれておりましたが、

 

やはり期待するのは戦闘シーンか!

 

水中に水没していた、昔の戦闘スーツを着てからの、戦闘シーンに期待していましたがちょっと少なかったか?

 

次回作もありそうな終わり方でした!

満点5⭐️だと3⭐️くらいかな。

 

日本のアニメが原作らしいです!素晴らしいですな日本のアニメは!