トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダを読んでみた。

この本では、人が太る原因は、 

 

カロリー過多の食事。

運動不足。

炭水化物の取り過ぎ で太る。

肉の取り過ぎ

朝ごはん食べないと太る。

食事回数少ないと太る。

脂質の取り過ぎで太る。

 

などの従来の常識は全部否定しています。

 

太った野生のライオンはいない。

カロリーの多い食事をとる実験で、想定どうりに体重は増えなかった。

反対の実験で想定通りに体重が減らなかった。

等により、

 

太る原因はあるホルモンにあると説明。

人にはそのホルモンの設定体重により、どんなに頑張ってダイエットしても、その設定体重に落ちつくと説明。

その設定体重を低くすれば自ずと痩せるといっている。

 

それには、

炭水化物、タンパク質を取り過ぎない。

脂質をもっととる。

食事の間隔をあける…プチ断食

 

を推奨しています。

 

続く…