2019年 SEIKO陸上 男子100m レベル高い!

2019年5月19日に行われた

SEIKO陸上男子100m

 

今年は好調の

桐生祥秀(23才)が10.01で

ガトリンに次ぐ2位。

3位は、インドネシアのゾフリ、10.03

4位に小池祐貴(24才)が10.04

と自己記録更新!

 

5位 山縣亮太(26)が10.11

6位 多田修正(22)が10.113

9位  ケンブリッジ飛鳥(25) 10.30

 

追い風1.7mの好条件!

驚いたのは4位に入った小池祐樹。

自己ベスト更新。200m専門なのに

山縣、多田にも競り勝ちました!

今伸びてきている選手で9秒台で走ってもおかしくないくらいの勢い!

 

桐生は、高校生で10.0で走ってから、数年間は 

中盤以降せってくると力んでしまう癖があり、力が発揮出来なかったですが、今年は最後まで崩れないで走っています。

 

去年は日本選手に負けなしだった山縣も

復調した桐生や成長著しい小池が相手だと、もうひと伸びしないと厳しいかもしれません。

 

しかし0.1秒のあいだに、4人も選手がいるわけで、先日9秒台を出した、20歳のサニーブラウンも含めると、陸上、男子短距離はかつてない激戦ですね!

東京オリンピックの400mリレーはかなり期待が持てそうです。

10.0の持ちタイムが4人いたら、37秒の前半くらいは出せそうです。

 

最近のレベルの高さの理由はなんでだろうと思いますが、

日本人の体型、体格はそんなに変化はないので

 

1.走る技術

2.練習

3.栄養

によりレベルアップ、底上げしてきたのかもしれないです。

 

伊東浩二の10.00から

朝原、末続慎吾と阻まれてきた10秒の壁を桐生祥秀が破った事により、

心理的な壁がなくなったのも、好記録が続出している一因かと思います。