ダイナー 映画 藤原竜也

2019年7月7日.日曜日

映画、ダイナーを見た。

 

文庫本である、「ダイナー」平山夢明

の原作を読んでいたので、どうかな?って思っていましたが、

 

原作とほぼ忠実、

主人公のボンペロ、藤原竜也はやや違和感ありでしたが、最後まであくびは一回も出なかったので面白かったです。結論から言うと。

 

蜷川梨花監督ということでしたが、

監督は宝塚がすごい好きなのか?

最後付近の対決シーンは宝塚の男役の人と、

ボンペロ、藤原竜也の宝塚風の

日本刀対包丁の対決シーンは

思わず笑いそうになりましたが、

 

監督によってこうも、戦闘シーンの描き方が違うのか?

って興味深く見れました!

 

実際のリアルな動きを突き詰めるのではなくて、美しさを求めるというかなんというのか?

宝塚好きなんだろうと思います。

 

週刊新潮の評価

蜷川梨花の「好き勝手放題作品」

というのがぴったり!

 

原作とは、ラストにやや違いありでしたが

面白かった!

全国的に結構売れると思います!