参議院選挙 投票率 過去2番目の低さ

2019年7月22日月曜日

 

昨日行われた参議院選挙の投票結果がわかりましたが、投票率は史上2番目の低い投票率

 

投票しない意見として、

 

1.投票しても何も変わらない。

2.野党の政策がいまいち。

 

等いろいろ意見はあると思いますが、

たしかに結果だけ見れば、行っても行かなくても自民党の勝ちは間違いないし、

 

何年か前に、民主党政権になった時の

酷さに比べたら

自民党が政権を握るしかないかとは

思います。

 

山本太郎がデフレが続いている!

と批判していましたが、

 

賃金は上がらないけど、物価が安いままなので、生活には困っていない。

というのが日本人の現状であって、

俺は金持ちになりたい!とかいう人はマレで、

 

みんなと一緒で貧乏でも生活できるからいいや。

とか、

 

みんながしているからってのが重要であるから、みんなと一緒であることで満足してしまい、

世の中変えようとか、思って選挙に行く人はいないのかも。

 

あと選挙に行くのは、自分みたいに行かないとなんか気分悪いとか思う人か?

 

 

みんな現状にそこそこ満足しており、平和でいい世の中なのだと思います。

しかし国政選挙で50パーセントいかない!

ってのは驚きです。

投票率低下の傾向はこのまま下がると思いますが、この先どこまで続くのか?