身体を冷やす方法 テレビで見た3つの方法

今年はかなり暑いですが、テレビでみた身体を冷やす方法としては、

 

1.スムージーを飲む。運動中の合間にスポーツドリンクなどのスムージーを飲むというもの。氷が胃まで届くので身体の中から冷やす。

 

2.ちょっと前にやっていた

    手のひらを冷やす。

手のひらには毛細血管が集まっており、血液を冷やすことにより全身を冷却する。

 

3.   40度くらいのお風呂にじっくりとつかる。

  マラソン選手が取り入れているらしい。

 

スムージーを飲むというのは、かき氷食べるても、または氷水のんでも同じ感じがする。

 

手のひらを冷やすのはなんでも15度くらいが良いらしい。冷やす温度が低すぎると逆に血行が悪くなるとか。

 

毎日走ってて思うのは

二日酔いの時に走ると結構危険。頭がぼうっとしたり、なんか調子悪いと思った時はすでにダメージが大。そのあと半日は、ダルかったりめまいがして体調が悪くなってしまったり。

 

暑さに慣れてくると1時間は給水なしで

走れるけど、

最近はやっと朝晩は涼しくなってきた気がする。