2019年9月15日のMGCまであと1日

ラソングランドチャンピオンシップ

略してMGC

 

2019年9月15日

日曜日

男子は朝8時50分にスタート。

女子は9時10分。

 

男子は出場資格を得た31人により来年の東京オリンピック出場選手を決めます。

一色恭志は調整不足のため欠場。

 

女子はたったの12人だが、

前田彩里、他一名がケガにより欠場の為10人の争い。さみし。

 

このMGCにより上位2名は確定。

3位の選手も、今後の主要大会で2時間5分49秒以下の記録を出す選手がでなければ、

確定ということなので、3位で決定の可能性大だと思います。

 

コースは東京オリンピックと同じコース。

オリンピックのマラソンは2020年8月9日、日曜日。

夏の一番暑い時に本番をやるのだから、

MGCも8月にやればいいのに?と思いますが、9月15日は最高気温は28度くらいの予定なので、本番に比べると涼しい環境です。

 

TBSで、MGCの男子ばかり毎日シツコク放送してると思ったら、TBSは男子のテレビ中継を行うことだと。

女子は本当に全くといって放送しない理由がわかります。

女子はNHKで放送予定。

 

エチオピアとかケニアの選手は出ないので、

スローペースのレースが予想されますが、

設楽、大迫、服部あたりが有力かと思います。

 

13日の記者会見では、大半の選手が勝負所は

35キロすぎとか40キロとか答えるなか

設楽はひとり、

勝負所は10キロと答えた!

「みんな後半からペースを上げれないように誰もついてこられないようスピードをあげる!」

このコメントで俄然面白くなってきました。

スローペースでラスト勝負なんて見てもあまりつまらない。

 

しかし、通常の10度くらいで行われるマラソンと違う高温下のレースなので、

結局、暑さに強くて、当日体調の良い人が

上位にくるかと思いますが、くそ暑いアジア大会で優勝した

井上なんかも上位にくるかも。

 

悪天候にめっぽう強い、

川内優輝

が、MGCに参加しない、棄権してしまったのは見るものとしたら非常に残念!

 

しかし、30度くらいの天候でも、2時間6分くらいで走れないと、本番は全く歯が立たないと思うので、それくらいのタイムで選ばれないと、誰が代表になっても一緒かなぁと思ってしまいます。

 

今までのオリンピックマラソンの気温については、

 

2000年シドニーオリンピック、女子マラソンスタート時は23度!

坂の多い難コース!

2時間23分で高橋尚子が優勝!

8秒差にリディアシモ

間違いなく、陸上マラソン女子はこの頃の方がレベルは上でした!

 

2004年ギリシャでのアテネオリンピック

女子マラソンスタート時はなんと35度!

野口みずきが2時間26分で優勝!

 

2008年の北京オリンピックの男子マラソンでは、サミュエルワンジルが2時間6分32秒で優勝しましたが、

その時の気温は、スタート時21度、ゴール時29度。

日本人は尾形が13位、2時間13分。

 

2012年ロンドンオリンピックではウガンダの選手が2時間8分で優勝。中本が6位。

2時間11分。

 

2016年リオデジャネイロオリンピックでは、

キプチョゲが2時間8分で優勝。

佐々木が16位。2時間13分。世界は遠い!

ちなみに猫ヒロシは2時間45分で139位。市民ランナーからしたら速い!

このマラソンはスタート時24度でした。

 

来年の東京マラソンは、高温に加えて湿度の高いマラソンには最悪の気候です。

 

しかし、今までの選考方法とは違い、明確な選考方法であり、現時点での最強選手の大会「MGC」は必見です!

設楽が本当にとばすのか?実物です。

スローペースでラスト勝負だと

優勝記録は、2時間10分から13分あたりか?