東京オリンピック マラソン 展望

MGCも終わり、東京オリンピックの代表が

男女とも二人決定しました。

 

男子、

富士通、中村ショウゴ

トヨタ、服部勇馬

 

女子

天満屋、前田穂南

日本郵政グループ、鈴木亜由子

 

男子の優勝タイムは2時間11分台、

女子は2時間25分となっています。

MGCの興奮も収まり冷静に考えてみると、

終盤に坂がある難コースでしたが、

男子に関しては、オリンピックで実際このタイムだとよくて8位入賞かと思います。

 

ラストの2.195キロは、解説者も言ったとおり

かなり速いタイムで走りましたが、

一方35キロから40キロは15分58秒かかっています。実際の本番ではケニア勢はそこを14分そこそこのタイムで走る力があると思われるので

入賞もきついかもしれない。

 

2012年北京オリンピックでは、ゴール時29度の高温で、優勝タイムは2時間6分台でしたが本番の東京はもっと暑いはず。

ただ、富士通の中村選手は暑さにめっぽう強いらしく、本番で35度くらいの猛暑になれば、もしかしてメダルのチャンスがでてくるのかな?と思います。

女子に関しては、高橋尚子野口みずきがいた時代に比べたら小粒な印象は否めないです。

 

MGCの結果から見ると、前田穂南の力が抜けており、調子を崩さず本番を迎えたら面白いかもしれません。

 

どちらにしても高温、高湿度のサバイバルレースになれば日本人にもチャンスが来るはず。

最先端の技術、知識で暑さ対策を万全にして頑張ってほしいです。

 

太陽熱を通さないウェア、帽子

氷の利用

マメな給水

耐暑性の向上

汗、水を吸わない靴