世界陸上 黒人系選手の強さ

世界陸上見ていて、改めて黒人系選手は早いなあと思います。

短距離の決勝種目で決勝に残っているのは

ほとんど黒人系選手。

たまに白人系。

アジア系はほぼ皆無!

中、長距離もケニアエチオピアのアフリカ系の独断場。

女子5000mの予選で日本人の女子選手が久しぶりに決勝に残りましたが、

ラスト2周でトップと12秒差をつけられるという、力の差がありすぎます!ケニアエチオピアは強い。この人たちは、ラスト2周まではほとんどジョギングみたいな楽なペースで走っていると思います。男子も女子も最後のスピードが半端なく速く、男子はラスト一周52.53秒とか、女子も60秒を切るペース。

これでは、日本の中距離、長距離は全く太刀打ちできません。

 

理由は、身体の骨格が全く違うからだと思います。大会でエチオピアケニア出身の選手を見たことがありますが、

ケツの位置が高い→足が長い!

手足が細い→身体が軽い

膝から下が長い→アキレス腱が長い

それに加えて、標高1000m以上の空気の薄い高地で生活しているから、遺伝的に心肺機能が優れているのかも?

 

足が長く、アキレスけんも長いから、一歩一歩で進む距離が長く、ストライドが長く、身体も軽いから余計なエネルギーも使わず、また心肺機能も優れているから、

車でいうとF1カー。

馬でいうとサラブレッド!

 

最近の日本の選手も体格がよくなり、足が長い選手もかなり増えてきましたが、日本人が勝つには、ケニアエチオピア、アフリカ系の混血化を進めていくしかありません!

現実、インターハイなどではすでに、ハーフの選手がいっぱい活躍しています。

 

ただ、4×100mで、サニーブラウン、ケンブリッジ飛鳥、ウォルシュ、あと黒人系ハーフ1人走ったら、日本チームとはわからないかもしれませんが?