空の青さを知る人よ 映画感想

2019年10月14日

映画、空の青さを知る人よ

見に行きました。

最近流行の現在、過去、未来もののアニメかとあまり期待していなかったですが、

結論的には、⭐️4.5くらいと結構感動しました。

内容は、高校生と5歳くらいの姉妹の両親が交通事故で亡くなり、姉妹2人で生活して行く事となります。姉は恋人と東京に行く事を諦め、地元で生活して行く道を選びます。

それから13年後、姉は31歳で市役所勤務。妹はかつての姉と同じ18歳の高校生となります。

 

地元興しの音楽フェスタで、姉のかつての恋人がバンドのメンバーとして戻ってくる事となり、それと同時に、姉の13年前の恋人が何故か現代の世界に現れて物語が進みます。

 

映画の所々に涙腺が緩む仕掛け、演出がありストーリーに引き込まれていきました。

かつての姉の恋人、いつかは消えてしまうと感じている13年前の姉の恋人に恋してしまう妹。

 

バンドメンバーとして戻ってきた元恋人の劣化ぶり。それを知る13年前の元恋人。

13年前との自分と13年後の自分との再会。

書いていてよくわからなくなってきましたが、

あまり細かい事は気にせずに見ればいいと思いました。

 

最後の方であいみょんの曲が流れて、映像と音楽の相乗効果で涙腺が崩壊状態に!

やっぱハッピーエンドはいいなあ。

 

前に見たハローワールドもそうでしたが「天気の子」よりも面白かった。

アニメ映画はあまり見ませんが、映画の完成度が高いと思います。日本のアニメは凄い。オタクは凄い!日本のアニメ文化は世界に誇れるレベルなんではないか?

と映画を見て思わされました。

全く期待していなかっただけに面白かった⭐️⭐️⭐️⭐️