映画 ジョーカー 

イオンシネマで映画ジョーカーを見に行きました。

バットマンの悪役ジョーカーの誕生までを描いた映画でR15指定。

最初から最後までジョーカー役のフォアキンフェニックスが熱演。

このジョーカー役のため24キロ減量したそう。

 

主人公は精神をやや病んだ気の弱い青年。

普段はピエロ役で人々を笑わせる仕事をやっています。

ある理由で銃を手にしたあたりから、物語はR15指定な展開になっていきます。

 

最初から最後まで暗い映画で、日本では結構見に来ている人が多く好評らしいですが、

正規社員がどんどん減り、非正規社員が増えて、働いても働いても給料が安く、世の中になんとなく不満を抱いている人が増えているのかもしれません。

 

ジョーカーの笑い声の秘密、バットマンの誕生など、映画バットマンにつながる作品でしたが、なんともいえない感じの映画でした。