50歳代 ランニング日記

ランニング日記、50歳代。自己記録(20代)、1500m.3分55秒、5000m.14分43秒マラソンではなくもうちょっと短い距離を走る

自律神経失調症 発症から回復まで

2020年4月1日に今の職場に異動。

就職してから工事関係の仕事が28年間と長く携わっていたが、現職は、将来計画やイベント立案といった全然違った毛色の職場であった。

当初の一年は上司の厳しい指導をうけながら頑張っていたが、なかなか仕事をこなす事ができない。係長という身分でもあったが部下の能力に頼る毎日。

異変があったのが2021年5月ころ。

毎日のランニングが億劫になってきたのだ。

平日は大体40.50分は走っていたが

今日は25分でいいやとか。

そして5月20日、突然朝起きた瞬間、

何もやる気が起きない、会社にも行けないという状態に。会社に行けないイコール辞めるしかない。辞めたら楽になると思いその旨、上司に電話したところ、衝動的な自分の行動に対してしばらく休みよう、心療内科に行ってみたら?

との助言があった。

その時は、辞める事しか頭になく、現金が必要になると思い投資信託等全部解約。

今思えばもったいない。

その次の日、なんとなく行ってみた心療内科

先生が言うには、自律神経失調症との診断。

まさか!とは思ったが1か月を休みとの診断書をもらい。職場に提出。

そこから、朝と夕食後に薬を服用。

朝薬を飲むと眠くなり気分も憂鬱。

午前中午後は身体をなるべく動かすよう先生から指示を受けた。

午前中は自転車、午後は散歩とジョギングする毎日。

平日に自転車でぶらぶらしてると、みんな仕事してるのに俺は何をやってるのだろう?とますます憂鬱な気分になってきた。

それは薬のせいだと思い、3日くらいで薬を飲むのを辞めたら、先生にマヂ目にやってください。と言われてマジ目に薬を飲んだ。

休んで3週間、職場からはそろそろ1か月だから復帰したら?との電話があり、先生に相談したところ、まだ速いんじゃない?とのこと。

たしかに職場復帰を考えると顔がピクピクする。休んで2か月くらい経ったあたりからなんとなく復帰出来そうな気がしてきたのと、仕事がある事は幸せなことだと考えるようになった。

上司からもあんまり長く休むと復帰に時間かかるから早くきたら!と言われて、8月30日に復帰。1か月の職場復帰訓練を経て9月29日より完全復帰。

今は復帰して4か月が経とうとしているが無事に出勤できている。

しかし、頭の回転とか記憶力は全然まだまだと自分では感じている、

 

今思うと本当に病気だったのかどうかはわからないが、金曜日の夜とか土日休んだら月曜日から仕事だと思い憂鬱だったり、

土日の休みでも常に仕事のことが頭から離れず憂鬱だったり、かなりストレスが溜まった状態であった。

 

未だ週に一回は通院しており安定した状態である。

アルコールについては休職期間は1か月くらい辞めてたが、ちょっとならと思い、1日ビール2本飲んでいた。3か月に一回通院してる内科医の先生に、自立神経失調症で心療内科に行ってること、毎日ビール2本に酒を減らしたことを告げたところ、

ビールについては心療内科の先生に相談して!

と言われて、相談したら、

今飲んでいる薬より、アルコールはかなり強い。アルコールはその時は気持ちいいが、眠りの湿度が悪くなる。アルコールいらない。

と告げられ、今のところ2週間断酒に成功。

ノンアルコールビール、炭酸水てなんとかごまかす。

そう言えば、内科医の先生曰く、

少量のお酒で長生きすると言うのは過去の話しで今は飲まない方が長生きとのこと。アルコールによる事故がどうとか言ってた。

 

パワハラ研修の講師もストレス解消でよくないのは

アルコール

ショッピング

と、言ってた。常習性があるからだと。

とりあえずは完治ではなく寛容じゃない、寛解するまではアルコールは口にしない。

絶対とは言えないが。