53才  ランニング日記

ランニング日記、50歳代。自己記録(20代)、1500m.3分55秒、5000m.14分43秒マラソンではなくもうちょっと短い距離を走る

小出義雄監督 回想録

高校1年の思い出を思い出した。

小出義雄先生を皆デッチーと呼んでた。

たしか2年か1年の時に教え子であった佐倉高校出身、明治大学卒業の新卒であった渡辺俊彦先生が赴任。

デッチーの授業は体育で、かなりいい加減。バレーボールの授業を受けたが、指を曲げてスパイクするとボールが逃げちゃうから、指を伸ばしてスパイクすると教えられた。

 

自ら練習時走っていたがヘビースモーカーでハアハアいって走ってた。苦しいからタバコやめればいいのにと今は思う。

 

 

全国高校駅伝の前の日に他校の先生たちと飲んで最後まで残った。

 

酒を飲みすぎて翌日車をどこに止めたか忘れた。

当時の愛車はディーゼルの日産ローレル。ディーゼルだから朝練に来るのがすぐにわかった。

 

実家の農家を継ぐのが嫌で実業団に就職、その後順大に入る。

 

雪が降り積もった日長靴を履いて走っていたと自分で言ってた。

 

下ネタが好きでバナナの下ネタ話しをしていた。

 

練習時苦しい顔をするなとビンタした。

私がされた。交差点で止まった時。

 

そういえば自分の話しだが、安達先輩と橋の下に隠れて練習サボった。2.5キロのコースを何周かジョギング中。

 

小坂井兄はサボるのも練習と言ってたらしい。

 

中瀬はどっかの陸上部監督をやってるみたい。

 

醍醐は宇根と結婚した?

 

運動公園でデッチーが練習こない日、野球やって遊んだ。懐かしい。その当時、船橋市運動公園で沈下池が整備された。